痴漢ファイル2

昨日、仕事帰りの途中の電車で痴漢されてしまって・・・。

そのとき私は仕事の帰りで疲れていて、
電車のドアに身を任せるような感じで立ってました。

会社帰り混んでいるのは何時もの事でした。


でも、気付いたらお尻のところに違和感を感じたんです。


ギュウギュウだったので、
はじめは誰かのカバンが当たってるだけかなって思っていたんですが、
だんだん当たっているのが少しずつ動いて、
お尻を撫でられているんだとわかりました・・・。


凄く嫌だったのに怖くて声もあげられなくて、
しかも壁に押し付けられているので動けません。

触るだけならまだ・・・と思っていたら、
エスカレートしていってスカートの中まで入ってきたんです。


壁に押し付けられている私はそれに抵抗できず・・・
とうとうパンツ越しにお尻から指を這わされ、
そのままアソコまでなぞられました。

何度も行ったり来たりとアソコをなぞられて、
ガシッてお尻の肉を掴まれて揉まれたりひっぱられたり・・・。

パンツをアソコにグイグイ食い込ませたり・・・。

もう恥ずかしくて顔を上げられません・・・。
そして指は足の付け根の方にゆっくりと伸びてきました。


足はガクガク震えるし、心臓はバクバクです。


その手はそのまま私の下半身に伸びて、
またスカートの中に入り、次の瞬間・・・。
「んッ」
いきなりの感覚に私は小さく声が出てしまって、
声が他の人に聞こえたんじゃないかとヒヤヒヤしました。

恥ずかしいという感覚と、怖いという感覚から何も出来ず、
ただ早く駅に着く事を祈っていました。


駅につくと私は逃げる様に人混みを掻き分ける
急いでトイレに入りました。

初めての痴漢に心臓はバクバクし、息が荒れていましたが
仕事帰りで本当によかったと思いました。




リアルな痴漢体験が出来る 
E231【痴漢特区】










『郷なおみ』24歳

T156 B87(F) W59 H88





本日も皆様のご乗車お待ちしております。