痴漢ファイル5

私は毎日電車に乗っています。

ついこの前も電車に乗っていたのですが、怖い思いをしました。

電車に乗る前にサラリーマン風の男性に道を尋ねられました。

爽やかな方だったので躊躇すること無く教えたのですが・・・

電車に乗ってしばらくするとすぐ近くの後ろに気配を感じました。

人の吐息が聞こえるくらいです。いつもこんなことないのになと思いつつも
怖くて後ろは振り返れません。

すると、髪の毛に何か触れたような気がしました。
満員電車だったので特に気にもとめずにやり過ごしました。

ですが次の瞬間、完全に人の手が私の太ももに触れました。
大きくてゴツゴツしている男の人の手です。

普段ミニスカートを履くことが多いので触りやすかったんだと思います。

少し脚をずらして抵抗してみましたが、今度はお尻の方に手が伸びてしまいました。

目的の駅まで20分・・・怖いのに声がでません・・・
私が何も言えなさそうなのをいいことに今度は胸のあたりに手が伸びてきました。

このままじゃどこまでされるかわからない・・
涙を必死にこらえていました。

目的の駅ではなかったけど、運良くドアが開いたので勇気を出して飛び降りました。
もう満員電車には乗りたくないけど、そんなわけにはいかないので・・・
またあんな思いをするのかと思うと怖くて怖くてたまりません・・・・・


リアルな痴漢体験が出来る
E231【痴漢特区】


『杉浦 こひな』22歳

T156 B83(C) W58 H84




本日も皆様のご乗車お待ちしております。